政権不信

 麻生首相の発言内容が次々と取り上げられて問題にされている中で,与党内部からも,首相に対する批判の声が上がっているようだが,山崎元幹事長の言う「沈黙は金」は,本質から逸れた的外れの批評だし,河村官房長官の「これからも問題になる発言は出ると思うが,それが首相の個性だ」という趣旨の弁明に至っては,官房長官の立場に在る人の言葉として,唖然とするばかりだ。
 今後,首相が,批判を避けて,うわべだけどんなに言葉を慎んだとしても,庶民感覚とは遠く,弱者に対する理解と思い遣りに欠ける「首相の個性」は,動かしようがあるまい。麻生太郎を総裁として戴く自民党の体質も同様だ。政治・行政を庶民の側のものにするためには,麻生内閣と自民党を早くぶっ潰すしかない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック