予告先発

 今年度から,明日の試合の先発投手を予め発表する制度をセントラル・リーグが採り入れている。いわゆる「予告先発」だ。パシフィック・リーグでは前から実施していたことだから,目新しいことではないけれど,セ・リーグまでが,どうして,いまさら,という気になる。
 ファン・サービスの一つだというのだろうが,はたして「サービス」と言えるのだろうか。ファンとしては,応援しているチームの先発投手が事前に分かれば,期待度が高まるということも有るかもしれないけれど,逆に,対戦相手の先発投手と実力を比べてみて,期待が減じる場合も有るのではなかろうか。
 先発投手が誰になるかを予想することも,ファンの楽しみの一つだと,私は思う。両チームの監督が予測に基づいて出場メンバーを編成するのも,駆け引きとして興味深い。公式に発表されるか否かにかかわらず,先発予定は,数日前から当人には告げられているはずだ。相手チームのスコアラーやスポーツ紙の記者がそれを探ろうとするのをいかにはぐらかすかという対応も有った。それもゲームの内だ。それらを無用のことにする「予告先発」は味気無く,ファンの楽しみを狭めることにもなりかねない。
 ある程度の予測はできても,それを覆されることがまま起きるのが世の中だ。政治の先行きが不透明なのは困るけれど,人生では,先のことがあからさまに分かってしまっては味気無い場合も有る。何事にも,白か黒か,右か左かを決めてしまおうとする昨今の風潮も疑問に思うことだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック