ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 離島の苦難

<<   作成日時 : 2018/11/10 21:00  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

 山口県の周防大島は,淡路島,小豆島に次いで瀬戸内海で三番目に大きな島で,これまても何度か書いたことが有るけれど,私が小学校(戦時中だった当時は国民学校と言った)4年生から高等学校を卒業するまで暮らした所だ。 http://www7a.biglobe.ne.jp/~say/natsukashinoshima.html
 民俗学者の宮本常一や歌謡曲の作詞家・星野哲郎の出身地としても知られ,現在でも観光客や釣り人が年間百万人訪れているという。その島が今年の夏から秋にかけて新聞紙上で何度も話題に上った。
 最初は8月中旬,家族で祖父母の家を訪れていた2歳の男児が行方不明になった事件だった。3日後に大分県から駆けつけた「ボランティア活動家」の尾畑春夫さんが裏の山中で無事発見したという報道は,全国的に朗報として広がり,80歳に近い尾畑さんの生き方に関心が集まった。
 それと前後して,大阪府富田林警察署に留置されていた容疑者が署の不手際で逃亡し,49日後にして山口県下の道の駅でようやく逮捕されるという事件が発生したが,自転車旅行を装っていた容疑者が数日間,周防大島に滞在していたという事実が明らかになった。
 そこまでは,いちおう解決できたことだが,今度は10月22日,本州と島とを結ぶ大島大橋にインドネシア人船長のマルタ船籍の貨物船が,橋げたの高さを確認できていなかったために衝突し,橋と送水管を破壊するという事態が生じ,全面復旧は12月上旬まで待たなければならず,その間,通行制限と断水が続くという。
 私が暮らしていたころは,水は,町村ごとに設けていた簡易水道と各戸の井戸で賄っていたし ,重病人が出れば,船で本州に運んでいたものだ。母が産婦人科の手術を受けたときも,本州の病院まで船を雇って連れて行った。私の高校時代は,何かの大会が有るたびに,連絡船に乗って遠征した。
 しかし現代では,インフラが整備され,設備の充実した病院やホテルもできて,仕事を求めて島にやって来る人さえ少なくないというのに,今回の事故で,逆に島の暮らしが受ける打撃は想像を絶するものがある。 http://www.town.suo-oshima.lg.jp/
 今では島で暮らす知友も少なくなり,唯一,島でのわが家の生活の記憶を語り合えた弟も,今年の7月に先立ってしまったけれど,ホテルや観光施設,学校などをはじめ,島の人たちはどうやって凌いでいるのだろうか。新聞記事で「離島」という言葉を見て,周防大島は「離島」だったのだと改めて確認したことである。

※パソコンの文字入力機能が思うように働かなくなり,途切れ途切れ時間をかけて入力していると,こんな雑文を書くだけに延べ一週間掛かった。今後どうすればいいか悩んでいる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
カニやチョウ乱舞もさめて月落ちて 丸で悲しき秋の夕暮れ
いざよひ
2018/11/11 20:04
「カニ」の「乱舞」という表現は無理っぽいので伏線ありと推定、「丸」で広島カープを連想しますと、読め
ました。いざよひ様は熱烈なカープファンとお見受けいたします。マツダスタジアムは広島市南区蟹屋町にあ
り、正に「カニやチョウ」であり、熱狂的な広島市民は日本一をめざして舞狂ったのでありますが、「月」な
らぬ<神ってる>つきも落ち、「丸」選手の影うすく、「秋」ならぬ<安芸>の寂しい夕暮れとはなりました。広
島の苦難ということでありましょうか。
岡目七目
2018/11/12 17:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
離島の苦難 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる