My PC履歴

 ブログを始めてから13年になる。それ以前にホームページを開設した時期から数えると20年を超えることになるから,私のパソコン歴もかなり長くなったものだ。その間の事情について触れている記述が在るので,現在の思いにつながるところも有り,一部再録する。
 「このブログの冒頭の紹介で『日々の主な行動の記録と,言葉を尽くした随想や論考,Photo,Songなどは,ホームページで別に掲載しています』と書いているけれど,これは,ブログを始めた時点での記述で,9年前のことだ。それ以前の文章をホームページに保存しておいたという事情もある。今では,『言葉を尽くした随想や論考を記述することも少なくなり,ささやかな自己表現はブログで間に合う。『Song』はもう長らく作っていないし『Photo』も,もともと写真としての価値が有るものではなく,折々の情報のつもりでブログに掲載するだけにしている。それでも,一昨年(13年)までは,年が改まったところで,前年のブログに記載したものの中から残しておきたいものを選び,内容によってはジャンル別に分けていた従前の形に合わせてホームページのほうに収録していた。(中略)しかし,その手数も煩わしくなり,2013年分からは『日々の思い』として,内容に関わりなく日付順に羅列しただけで終わっている。」(2015年2月「『ブログ紹介』注記」)
 「パソコンを開けると,『ドライブの容量が少なくなっています』という警告が表示されるようになっている。使い続けて10年近く経つパソコンで,私なりに多様なデータを入れているので,(中略)そろそろ限界にきているようだ。OSも4世代ほど前のものなので,バージョンアップするよりは,この際,新しいOSの入っている機種に換える時期ではないかと考え始めている。視力の低下が進む状況の中で(略)機器の限界は,私自身のパソコン利用の限界でもあり,そろそろ諦める機会かもしれないとも思うけれど,私にとって生きている証しの一部のような営為になっているパソコンから離れてしまう決断もまだ付きかねる。」(2016年4月)
 (その後,新しいパソコンを購入して)「目下,私の机上には,新旧2台のパソコンが並んでいる。引越し可能な設定やデータなどは移行し終えた。(略)しかし,前のパソコンで作成した自分のホームページを更新しようとしても,webサイトからのダウンロードが思うようにならない。(作り直した)ホームページのトップページでは,『後半生のまとめとして,(1998年以来)1冊の本を編むような気持ちで,書いてきたことを整理しておきたい』と記しているけれど,これまでに作成したページを見ることはできても,今後も継続して記事を入れて行きたいという思いは叶えられない。(略)また,このブログを書いていく上で,これまではワープロ専用機を使って書いたものを,変換ソフトでパソコンに移してきた。できる限り意に叶う文章にするためには推敲もしたいし,そのためにはやはりワープロ専用機が使いやすく,パソコンに直接入力するのは書き辛いので,私にとっては欠かせないことだったのだが,今のところwindows10に対応した変換ソフトが見つからない。」(2016年5月)
 その後,昨年はキーボードによる文字入力の機能が不調になり,最近になって今度はマウスの操作が思うに任せなくなった。前者はスクリーンキーボードを併用することで,後者は当面マウスを買い替えるまで画面へのタッチ操作で凌いでいる。視力も指先の感覚も衰えてきているので,作業がスムーズに進まないもどかしさも有るけれど,これまで使うことの無かった機能を新しく経験しているわけで,人生いつになっても新しい経験の連続だと思いつつ,まだ諦めないでいる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

いざよひ
2019年06月11日 19:46
今は昔ある女人に懸想して送りし歌一首
かそけくも松風わたる宵なれば 朧月夜の君にまみえむ
岡目七目
2019年06月12日 20:32
深読み勝手解釈 そよりと「松風」があなたの元に「わたる」ように、あなたを待つ「松」わたしもまた松風に乗って「わたり」たく、またこの朧月夜の宵に、源氏物語の美女「朧月夜の君」のようなあなたにもお会い致したく。の意でありましょうが、この歌に女人名を折句にすると感涙する方も数多とか。いざよひ様は時々折句を読まれますが、此の度もと仮定して文字拾いをいたしますと、以下の御方でありましょうか。カワダキミエ、カガワキヨミ、クワナミエ、クワタヒロミ、クゼキミエ、マツカワキヨミ、マツダキミ。

この記事へのトラックバック