テーマ:老い

気力喪失

 繰り返し襲ってくる台風や大雨で各地の河川が氾濫し,多くの人命が喪われた。家屋の倒壊,浸水,停電,断水などの被害も,復旧する間も無く相次いでいる。今なお孤立している建物も少なくない。私の暮らす地域は,幸いにして大きな災害からは免れているけれど,被災された人たちの辛苦を思うと,もし今の私が同じ立場に置かれたら,立ち直る気力も喪失してしまう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

葬送の形

 私が突然死んだとき,私が専ら処理してきたために,遺された家族が分からないことが有って困惑してはいけないと思い,思いついたことはできるだけ書き残すようにしている。一方,家族で話し合って処理できることであれば,遺った者に任せれば良く,「遺言」というような改まったものにする必要はないと思っている。「遺言」などとは所詮,死んで行く者の願望に基…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

老いの実感

 「自分が老いたと思う。それが日々実感される」と,9月4日付「朝日新聞」の『終わりと始まり』で池澤夏樹氏が書いている。常は,池澤さんの社会批評的な穏やかで厳しい感想が述べられる欄なのだが,今回は,「(ぼく個人の)愚痴ないし繰り言と聞き流していただいて結構」と文中で断わった上での文章だ。  老いた「実感」の内容は,「身体能力が少しずつ失…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「死んだ子の齢」

 8月に入って、このブログのリニューアルから1か月が経過したが,情況は先(7月21日)に書いた状態からほとんど進んでいない。利用者の中にはリニューアル前の状態に戻らないことで苛立ちを募らせている人も多いようだ。私も,利用し始めて13有余年の間に少しずつ自分に合った使い方に慣れてきていたので,戸惑うことが多いけれど,今さら別のサイトに移る…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「老衰」総括

 体力とそれに伴う気力の衰えについて,このところ同じような「ぼやき」を繰り返し書いている。「ぼやき」も度重なると単なる愚痴に過ぎないことになる。読む人も鬱陶しいことだろうし,自分でも言うのが厭になってくる。このへんで,具体的な情況を総括していったん終わりにしたいと思う。  要は,暮らして行く上での思いが現実の行動につながらないというこ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「資産寿命」?

 寒の戻りとやらで冷え込みの厳しい日が有ったかと思うと,5月というのに真夏日になったり,体調が調わず,過ごしにくい日を送っているうちに,庭の樹木や草が急に勢いを増してきた。これまでなら日数を掛けてでも独りで何とか処理をしてきたのだが,脚立に上がって高い枝を伐るのが自分でも危うく感じられるようになり,この齢になると1年の間に老化が進むのも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生き延びるということ

 パソコンの操作が覚束なくなってきた。新聞の字が読み取りにくくなった。認知障害が遂に顕著になってきたか,と思っていて目が覚めた。どこまでが現実の思いで,どこからが夢の中のことなのか定かでないけれど,現実に老化が進んできているのは確かなことで,足腰に力が入らなかったり,一日の疲れが出る夕食時になると食事が喉を通りづらくなったりするのは,日…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

老いを悲しむ

 5月には行きつけの理髪店の店主の十七回忌を迎える。休日の趣味にしていた写真撮影に出掛けていて脳梗塞に因り急死したのだが,告別の日,突然取り残された夫人が棺にすがって慟哭していた姿を思い浮かべる。その後,夫人が店を継ぎ,二人の子息はそれぞれ独立していたので,70歳を越えて今も独りで頑張っている。私も40年来の馴染みなので変わらぬ客として…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

老いの願望

 「人間はなぜ死ぬのでしょう」「千年も万年も生きたいわ」と嘆いたのは徳富蘆花『不如帰』の中の片岡浪子だけれど,明治の悲劇のヒロインではない私は,「人生100年」と言われる現代でも,百歳まで生きたいとは思わない。逆に,高齢者の貧困が問題になっている今の世の中で,すでに人生を終えていても不思議でない年齢に達して,「安楽死」「自然死」を願いつ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

繰り言止まず

 「私にとってこの夏が最後になるかもしれないという思いは,いろいろ有る。私の加齢と体力の衰えに関わることで,中学生のころから延々と続けてきた各種の記録もその一つだ。特に野球に関する記録は自分で細かくノートに書き込まなければ残せないことが少なくないので,そのための視力が覚束無くなってきているのを,新聞報道に目を通しながら日々感じている。」…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

意欲の低下

 「キャベツ、タマネギ、ソーセージをフライパンで塩・胡椒で炒めて、卵を落としてからめて、仕上げにウスター・ソースをかけて食べるもの」  「朝日新聞」が土曜日ごとに発行している12ページ建ての別刷り紙面に,作家が一人数回ずつ,忘れられない美味について書いている『作家の口福』という欄が在り,そこに鴻上尚史さんが書いている(9月15日)。そ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

逝くときまで

 「母が逝きました」。大竹しのぶさんが「朝日新聞」の金曜日の夕刊に連載しているコラムで,これまでも自宅介護の様子にときどき触れていた96歳のお母さんがとうとう亡くなったということを読んだ(9月日7日)。それによると,「5月頃から食欲がなくなり、(中略)7月の猛暑の中、母の食欲、体力はみるみる落ちていきました。高カロリー飲料を頼るようにな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

この命

 最近,髭を剃らなければならないと思いながら,気がついてみると何日も剃らずに過ごしていることが有る。加齢のためか暑さのためか食欲が出ず,体力も衰えているのに,髭だけは,ちょっと手を抜いていると見苦しく伸びてしまい,かえって手が掛かることになる。人は死んだのちも暫くの間,髭は伸び続けるというから,これだけは避けられないことなのだろうか。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

うとうとタイム

 「80歳の坂をこえたあたりから昼寝を貪るようになった。朝食をとったあとや昼めしをすますと眠くなる。」「昼寝三昧である。楽しむようになってずい分になる。後期老人の仲間入りをしてからこんな特権を享受しようとは思いもしなかった。」と,(宗教学者の)山折哲雄さんが「朝日新聞」に連載中のコラムで書いている(6月9日)。私も「一緒や」。  ただ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

我が「生老病死」

 人生の終末が遠くないことを思うようになるとともに,今までの人生を顧みて,人は自らの意志で生まれてくるわけではないのだから,自分が生まれたのが良かったことなのかどうか,考えることが有る。  しかし,私は祝福されて生まれたことに間違いは無い。母が後年,そのときを思い出して書いている。「結婚以来、何年たっても子宝に恵まれないので、私として…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寒い冬

 冬の寒いのは当然のことながら,例年であれば,その間に何日かは比較的穏やかな日が有ったのだけれど,今年は厳しい寒さの和らぐときが無く,歳末に当たっての庭木の処理や窓の清拭など,外周りの作業をする気も進まない。この様子では,新年を迎えるための墓の掃除も,体調を考えると,危ういかもしれない。無理をするのは避けて,年が改まった後でも,暖かい日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

繰り言

 視覚,聴覚,指先の感覚,動作の距離感覚,あれもこれもが鈍くなって,何をするにも思うようにならず,最近では,うっかり体をどこかにぶつけて傷めたりすることも有るので,常に細心の注意が必要だ。視覚に関しては,細かい字の読み書きが難しくなり,読書の楽しみが減るとともに,長年続けてきたノートへの諸々の記録も今年で終わりにせざるをえないかと思い始…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

高齢の暮らしへの支援

 過日の新聞報道によると,「高齢などのために自力でごみを出すのが困難になり、自治体の支援を受ける人が増えている。」「(取材対象とした道府県庁所在市、政令指定市、東京23区の74自治体のうち)6割の自治体が支援に乗り出し、5万世帯以上が利用していた」(9月19日付「朝日新聞・朝刊)という。  私の仕事部屋(良く言えば「書斎」,有り体は「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今にして思う

 加齢とともに,楽しめなくなったことが増えている。  旅行や行楽をはじめ,映画鑑賞など,時間を要する外出は,出掛け辛くなったし,時間の余裕ができたときの楽しみにしようと思って保存しておいたビデオや,ゆっくり読み直せると期待していた書籍も,今になってみると,視力の衰えで,思っていたようには楽しめない。それよりも横になって体と目を憩めるの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「ミテル」

 「朝日新聞」の朝刊に連載されている鷲田清一さんの『折々のことば』で,土佐(高知県)の方言で人が「亡くなった」ことを「ミテタ」と言う(竹村義一「土佐弁さんぽ」から)と紹介されていた(1月28日)。私のルーツは土佐なのだが,1954年に祖母が亡くなった後,年数が経つうちに,かつての本籍地には縁者もいなくなり,1988年に本籍と墓地を現住地…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

年齢の境界

 年明け早々,これまで「高齢者」として扱っていた65歳以上を75歳以上に改め,65~74歳は「准高齢者」とするという報道が有った。医療や保険の制度として直ちに適用されるということではなく,1月5日に発表された日本老年学会・日本老年医学会からの提言だ。これによると,私も「後期高齢者」ではなく,単なる「高齢者」に格下げ?されることになり,9…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

老いては・・・

 「老いては子に従え」という言葉が有るけれど,同年輩の知人の誰彼から,たまの機会に話を聞いていると,わが子から批判されたり,日常の暮らしぶりに注文を付けられたりすることが増えているようだ。中でも,娘からの批判や注文が多いようで,同様に,妻からの批判も,老いるとともに増してきて,日常の挙措などに対して口うるさく言われるというボヤキを聞かさ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

夏から冬へ

 3か月ごとの検査と診察で病院に行ってきた。血液と尿の検査には問題が無く,放射線治療から2年が経って,経過は順調だということだけれど,診療の待ち時間と利用する交通機関で要する時間とを合わせても3時間足らずのことで感じる疲れが毎回増してくるように思う。病院で疲れることは無いものの,駅や病院直通のバス停までの往復が体にこたえるようになってき…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

葬送の形

 最近,「小さなお葬式」を勧める業者のPRや,簡素な葬儀に関する報道を目にすることが増えた。葬儀に多額の費用を要することから,一般庶民としては,できるだけ安く済む方法が求められているようだ。私の場合も,妻と私自身と,どちらが先になるかは分からないものの,遠からず直面しなければならない問題だ。その費用を残しておかなければならないと思いつつ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

人生あとさき

 結婚当初から,妻の寿命は私より短いとひそかに思い,妻の最期は私が看取るつもりでいた。亡きあとの暮らしも,自分で処理して行くと覚悟していた。ところが,二人とも思いのほか長く生きて,これからは老老介護の情況が予測される中で,体力の衰えとともに私の自信もしだいに揺らぎ,むしろ私のほうが先に逝くかもしれないという不安を持つようになっている。も…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日々ルーティン

 朝,寝床から起き上がろうとするとき,「このまま死んでしまいたい」という既に60年近く前に唄われた歌謡曲(「アカシヤの雨が止むとき」)のフレーズを思い浮かべる。起き上がる力が体に湧いてこないのだ。自然に死んでも不思議は無いとさえ思える。何とか起き出して,玄関の鍵を外し,新聞を取り込み,各部屋の雨戸を開け,曜日ごとに定められている分別ゴミ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

○○適齢期

 蜷川幸雄さんが亡くなった(80歳=多臓器不全)。先日は冨田勲さんの訃報(84歳=心不全)を聞いたばかりだ。言うまでもなく私には,諸氏のように世に抜きん出た才によって広く知られた業績は無いけれど,私もまた80歳を超えれば,いつ死んでも不思議は無い齢だと思わせられる。それならそれで良いけれど,朝が起き辛くて,このまま眠り続けていたいと思い…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

便りの無いのは

 「無沙汰は(便りの無いのは)無事の便り」に類することわざは内外ともに有るようだが,私くらいの年齢になると,いつ体調に異状が生じるか分からないので,同年配の知友からの平素折節に有る便りが暫く途絶えると気に懸かり始める。ブログやツイッターをチェックして安否を確認できる相手であれば良いし,私自身も,こうしてブログを書くことで無事を発信してい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

老いるままに

 「夜中に何度も」というのは夜間頻尿,「毎朝スッキリ」というのは朝の便通,最近しばしば目にする薬やサプリメントの広告で,新聞でも大きく紙面を占め,いくつものメーカーが競って掲載している。同様な悩みを持つ人がそれだけ多く,需要が見込まれるということなのだろうか。「アンチエイジング」「エイジングケア」などという言葉も使われる機会が増えている…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

余寿

 前立腺がんの放射線治療を受けてから1年が過ぎた。その後の経過は順調で,PSA値も徐々に下がり,定期的な検査を3か月ごとに受ければ良いことになっている。しかし,副作用はなお残っているようだし,体力の低下は否めない。去年の今頃はどうだったかと思い,ブログの記述で確かめてみた。  11月27日の日付で,「11月も残り僅かになった。冬の到来…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more